東京(東松原・下北沢)のインビザライン|ダイヤモンドプロバイダー

〒156-0043 東京都世田谷区松原 5-27-11
〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40-6 フィル・パーク下北沢2階
京王井の頭線「東松原」駅から徒歩1分/京王線「明大前」駅から徒歩10分
京王井の頭線 / 小田急線「下北沢」駅から徒歩3分

診療時間
9:00~13:00 -
15:00~20:00 -

△:9:00~13:00、14:00~18:00
休診日:水曜、日曜(※東松原院は隔週で休診)、祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

03-6379-3242

インビザラインのゴムかけとは?その必要性や注意点を解説

皆様、こんにちは。東京都世田谷区にある下北沢タウンホール前歯科・矯正歯科、東松原さかい歯科・矯正歯科です。

マウスピース矯正のインビザラインは、透明な樹脂製のマウスピースを装着することで歯並びを改善できる治療法です。

ワイヤー矯正のような金属製のブラケットやワイヤーなどを固定する必要がないので、治療期間中も快適に過ごすことができません。そんなインビザラインでも治療を進めていくプロセスでいくつか使用しなければならない素材があります。

今回はその中でも皆さんが気になっているであろう「ゴムかけ」について、東京の東松原さかい歯科・矯正歯科が詳しく解説します。

インビザライン矯正のなかで行うゴムかけとは?

矯正治療ではいろいろなゴムを使用するため、単に「ゴムかけ」と言われても何を指しているのかよくわかりませんよね。ただ、インビザライン矯正の中で行うゴムかけというのは、ある程度、状況が限られてきますし、基本的には噛み合わせを整える際に使用するものを指しているとお考え下さい。

専門的には顎間ゴムもしくはエラスティックと呼ばれる医療用ゴムを使用して、上下の歯の噛み合わせを整えていきます。ですから、インビザライン矯正の中で行うゴムかけは、治療の後半で実施するケースがほとんどと言えます。

ゴムかけは自分で行う

噛み合わせを調整するために行うゴムかけは、患者さまご自身に行っていただきます。

インビザラインのマウスピース(=アライナー)表面に設置された突起物にゴムを引っ掛けて、適切な強制力を上下の歯列に与えます。

顎間ゴムという名称からもわかるように、インビザライン矯正のゴムかけは、上下の顎をつなぐ形となるのです。

マウスピースは歯並びを整えるもの

上述したように、インビザライン矯正ではマウスピースを装着するだけで歯並びをきれいにできます。それはあくまで“歯並び”であり、噛み合わせではないことにご注意ください。

もちろん、上下の歯並びをそれぞれ整えることで、噛み合わせもそれなりに改善することはできますが、さらに細かい調整となるとゴムかけが必要となってくるのです。

マウスピースを装着する以外にもうひと手間かかることになるため、少しに面倒に感じるかもしれませんが、美しい歯並びだけでなく、正常な噛み合わせまで実現するためにも、治療終盤のゴムかけを頑張っていきましょう。

 

注意点について
※インビザライン矯正で行うゴムかけには、いくつか注意しなければならない点があります。

1. 正しくゴムかけすることが何より重要

インビザライン矯正のゴムかけは、慣れるまでに時間がかかります。器用な人でも始めからスムーズにゴムかけできるケースは稀といえるでしょう。

なぜなら、マウスピース表面に設置されている突起状のボタンは極めて小さく、ゴムを伸ばした状態で引っ掛けるのはとても難しいからです。

ゴムかけを行うための器具であるエラスティックホルダーの使い方や使用するゴムの大きさなどは、歯科医師から指示がありますので聞き逃さないようご注意ください。最初はゴムかけに手間取るかと思いますが、焦らず、ゆっくりと慣れていきましょう。

2. ゴムはマウスピースと同等の時間装着する

インビザライン矯正で使用するゴムは、マウスピースの装着時間と同じだけ着けるようにしてください。つまり、1日20~22時間程度の装着が必要となります。食事や歯磨きの際にマウスピースを取り外した後も、次に装着する時にはゴムかけも行わなければなりません。

ゴムかけの装着時間が少ないと、噛み合わせの調整が予定通りに進まず、治療期間が延長してしまうこともあり得ます。

3. ゴムは毎日取り換える

ゴムかけに使うエラスティックは、毎日取り換えます。何となくもったいないからといって、2日連続で同じものを使うことは避けてください。

エラスティックを数日に渡って使い続けると不衛生になるだけでなく、ゴムかけの効果も減弱してしまいます。エラスティックにもともと備わっている伸縮性は、1日のゴムかけである程度、消費されてしまうのです。

ヨレヨレになったゴムを使っても、十分な矯正力は期待できそうにありませんよね。ですから、インビザラインのエラスティックは原則として毎日新しいものを使うようにしてください。

ちなみに、インビザライン矯正のゴムかけで使うエラスティックは、何かの拍子に切れてしまうことがありますが、その際は、切れた方だけでなく、両方を新しいものに取り換えてください。片方だけ取り換えると、引っ張る力が左右で不均等となるため、噛み合わせの調整に悪影響が生じてしまいます。

 

 

4. 外出する際はゴムとホルダーを持参する

繰り返しになりますが、インビザライン矯正のゴムかけは、1日20~22時間行わなければなりません。万が一、ゴムが切れてしまった場合は、すぐに新しいものに取り換えなければならないので、外出する際は、ゴムかけ用のエラスティックとホルダーを必ず持参するようにしてください。とくに旅行などでは、予備のゴムを多めに持っていくことが大切です。

まとめ

今回は、インビザライン矯正のゴムかけについて、東京の東松原さかい歯科・矯正歯科が解説しました。

インビザライン矯正でも治療が後半に入るとゴムかけが必要なりますので、主治医の指示通りにエラスティックを取り扱うようにしてください。せっかく頑張って歯並びをきれいにしても、噛み合わせが悪かったら元も子もありませんからね。

私たちの歯は食べ物を噛むためにあるものなので、噛み合わせまで正常化させることが極めて重要となります。そんなインビザライン矯正のゴムかけについてさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院までご相談ください。実物をお見せしながらわかりやすくご説明します。

東松原さかい歯科・矯正歯科・下北沢タウンホール前歯科・矯正歯科について

当院では透明なマウスピースを使った「インビザライン」という矯正治療に力をいれています。マウスピース矯正ならではのメリットのほか、負担の少ない治療のための設備などをご紹介します。

より多くの方に、きれいで健康な歯並びを手に入れていくために、東松原さかい歯科・矯正歯科、下北沢タウンホール前歯科・矯正歯科が行っている矯正治療に関する取り組みについて詳しくお伝えします。

当院で行っている矯正治療の種類やその内容、料金などについて、詳しくご案内しています。

基本的な診療の流れをご案内します。患者様のお口の状態や治療内容によっては、変わってくることもありますのでご了承ください。

東松原さかい歯科・矯正歯科の、院内の様子や設備についてご案内しています。

「よくある質問」を掲載しています。他に質問がありましたら、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

当院では矯正歯科治療でお悩みの方へ無料矯正相談を行っています。お電話かご予約フォームよりお気軽にご連絡ください。

03-6379-3242
診療時間
 
9:00~13:30 -
15:00~19:30 -

△:9:00~13:00、14:00~18:00
休診日:水曜、日曜(第二・第四)、祝日

アクセス
03-6379-3242

〒156-0043
東京都世田谷区松原 5-27-11

京王井の頭線「東松原」駅から徒歩1分
小田急小田原線「梅ヶ丘」駅から徒歩10分
京王線・京王井の頭線「明大前」駅から徒歩10分

診療時間
 
9:00~13:30 - -
15:00~19:30 - -

△:9:00~13:00、14:00~18:00
休診日:水曜、日曜、祝日

アクセス
03-6804-8644

〒155-0031
東京都世田谷区北沢1丁目40-6 フィル・パーク下北沢2階

京王井の頭線/小田急線「下北沢」駅東口から徒歩3分
京王井の頭線「池ノ上」駅から徒歩5分
小田急線「東北沢」駅西口から徒歩6分